冬の一時になると気になるのが神経質スキン・乾燥肌だ。さまざまな肌荒れの原因になります。保湿やコスメなど外側からのアシストも大切ですが、それと同様に普段着食べてあるご飯も大切です。そこで、神経質スキン・乾燥肌に望ましいご飯と、小さいご飯をご紹介します。
それでは神経質スキン・乾燥肌に望ましいご飯だ。肌のモイスチュアを保って乾きを防ぐビタミンA、肌、血管をきつくし、スキンに弾性を持たせるビタミンC、血行をよくするビタミンE、肌のもとになるタンパク質を殆ど取り込むご飯がおすすめです。具体的には卵、納豆、アボカド、パプリカ、モロヘイヤ、いわし、はちみつなどが挙げられます。これらのご飯を手広く摂取できるような食べ物を心がけましょう。
次に神経質スキン・乾燥肌に悪いご飯だ。コーヒーに含まれるカフェインには血管を収縮させるはたらきや人体を冷ます働きがあります。これによって交代が落ち、乾きの原因となります。塩気・脂肪食い分が多いファストフードなどのご飯も食べ過ぎるといった交代が落ちます。間食や甘味、清涼飲料水など糖分が多くある方法もカラダ状況を低下させ、乾きの原因となります。これらのご飯は頻繁に摂取しないように心がけましょう。
これらのことを注意して、神経質スキン・乾燥肌の恐れから解放されましょう。シミ、そばかすだけじゃない。肝斑にも効くものは?